社会情報: 日本人初のNBA選手誕生からわずか6日、田臥に早くも降格の可能性

日本人初のNBAプレーヤーとなった田臥勇太(たぶせ・ゆうた)。 デビュー戦で7得点を記録し、一躍、日本のマスコミで注目される存在となった。 しかし、そんな彼に早くも降格の可能性が出てきたという。 アリゾナの地元紙によれば、サンズは昨季まで所属していたボー・アウトローと契約を結ぶ意志を固めた。 そうなれば、田臥が外される可能性が強いとNBA関係者はいう。田臥は現在、24才・・・ (続く→)田臥は現在24才・・・横浜生まれだが、高校で、バスケの名門、秋田県能代工に国内留学。 同校を高校史上初の3年連続3冠(計9冠)に導き、バスケットボール界では早くから「天才」として知られていた。 その後、海外留学、トヨタ自動車を経験、去年NBA(ナゲッツ)に初挑戦した。 しかし開幕ロースターに残れず解雇。今年はNBA2度目の挑戦で、サンズの一員となった。 田臥の持ち味は切れ味鋭いスピードのある動きだが、175センチと身長が低く、サンズでの登録も、あくまで第3番手のポイントガード。 過去三戦も出場機会は限られていた。 もし田臥が故障者リストに入った場合、チームに同行して練習などはできるが、メンバーの入れ替えがあるまで試合には出場できない。 ・・・昨日(8日)のEZ!TV(フジ)で田臥選手の密着ドキュメンタリーを放送していました。 その時、かなりシャイで繊細な選手だという印象を受けました。 そして同時に、野茂(MBA)や、中嶋悟(F1)が身にまとっていた、近寄りがたい“空気”を身にまとっているのも感じました。 いままで誰も体験したことのない経験を積み重ねていく「パイオニア」という存在は、誰にも相談できないことが多く、必然的に自分自身と向き合う時間が増えるのだと思う。 野茂の後にイチローが続いたように、田臥の後に少年達は続いてゆく。 降格はするかもしれなけど、彼はまた這い上がってくると思う。

コメント (1件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20041108103402202