韓流:韓国で日本ドラマ「星の金貨」リメイク

韓国SBSが、来年1月から日本テレビの人気ドラマ「星の金貨」(95年)のリメイク版を放送することが分かった。 タイトルは「春の日」。オリジナル版で酒井法子が演じたヒロイン役を演じるのは、コ・ヒョンジョン(33歳)。 元ミスコリアの彼女は、96年にサムソン財閥の御曹司との結婚を機に芸能界を引退。 しかし昨年離婚し、このドラマでの芸能界への本格復帰が決定した。 9日にソウルで開かれた『春の日』の製作記者会見には300人以上の記者が・・・ (続く→)。『春の日』の製作記者会見には300人以上の記者が・・・詰めかけるなど、コ・ヒョンジョンの芸能界復帰作であるこのドラマへの高い関心が証明された。 なお、現地ではコ・ヒョンジョンに対する高額出演料も話題になっている。 製作会社であるサイダスHQのチャン・ジンウク理事は、彼女の1回の出演料について「噂されている2000万ウォンではないが、最高の待遇であることは間違いない」と話した。 韓国SBSでは昨年8月にフジテレビ「やまとなでしこ」(00年)のリメーク版が放送されている。 しかし、平均視聴率は15%程度と低かった。(韓国では地上波のチャンネルが少ないため日本より平均視聴率が高い。視聴率20%は普通。) しかし、昨今の韓流ブームにより日本と韓国の関係が深まっていること、また『星の金貨』のストーリーが韓国視聴者にも受け入れられそうなため製作が決まった模様。  なおSBSでは他にも『ごくせん』、『フードファイト』など、日本ドラマ5本の放映版権を購入済み。 『星の金貨』の成功によっては、今後、韓国で日本ドラマのリメイクが増えるかもしれない。 ・・・個人的にはシム・ウナ(『8月のクリスマス』)に再登場願いたいです。 2000年末に引退後、現在はアーティストとして活動しているとか。 もう一度、出てきてくれないかな。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20041112181444583