日本のTV: ついに始まった紳助後への動き

バリバリの紳助代役に小倉智昭決定が決定。 12日毎日放送は、傷害容疑で書類送検された島田紳助タレント(48)が芸能活動を自粛しているため、「世界バリバリ☆バリュー」の司会を、復帰までタレント小倉智昭さんに交代すると発表した。 同社によると、小倉さんが出演するのは16日の放送分から。 「(自粛が)長引くケースを想定し、交代を決めた」と説明している。なお長引く紳助問題でこんな記事が夕刊フジに出た・・・。 (続く→)吉本興業社員への傷害罪で書類送検された同社のタレント、島田紳助容疑者(48)の芸能界復帰が大幅に遅れることになった。 紳助容疑者が「まとまった期間、タレントを自粛したい」と漏らしているためだ。 人気者の謹慎延長は、「早期決着」と高をくくっていたテレビ局、吉本、紳助容疑者にどんな「逆経済効果」を与えるのか。  「起訴か不起訴かを見て判断する予定だったが、自分から自粛するといわれたら、どうしようもない。何らかの対応を考えないと…」。 テレビ局関係者は頭を抱える。 各局とも重い腰を上げ始めた。 紳助容疑者が出演するレギュラー番組8本のうち、TBS系『世界バリバリ☆バリュー』は小倉智昭さんを代役に決定した。  各局の損害は、収録済みを生に差し替えた日本テレビ系『行列のできる法律事務所』の1回分ぐらいだが、「番組が打ち切りになれば、その影響は億単位か…」(広告代理店関係者)。  吉本の株価は12日終値で前日比8円安の923円。 事件発覚前までは1000円から950円前後だったが、現在は920円台でもみ合う。 「株価への影響はそれほどでもないだろうが、紳助が稼ぎだすとされる年間10億円前後のギャラが入ってこない分、会社としては確実に損。イメージ的にもマイナスです」(同)  吉本以上にダメージが大きいのが、無収入となった紳助容疑者だが、芸能関係者は「吉本の年収だけで5億円以上。サイドビジネスを含めば10億円は下らない。損害は微々たるもの」という。 番組改変期の特番ギャラが1本1000万円、レギュラー番組が1本平均500万円。 それにCMや著書の印税。 これだけで5億円以上ある。 「錬金術」に関しても、タレント仲間が一目を置く。 「競売物件を落札してはテナント貸しして儲けたり、ラーメン店とか飲食店などを経営しているのは、有名な話」(後輩の漫才師) 仮に謹慎が1カ月や2カ月伸びても、どってことのないお金持ちだが、問題は本人が謹慎期間を「納得のいく決着がつくまで」と周囲に話していることだ。  元吉本興業常務でフリープロデューサーの木村政雄氏は「一連の事件で本人が精神的にめげてしまわないか。謝罪会見でも引退を口にしてたほどだから、展開次第では本当に引退しかねない。それが芸能界には一番の損害」と話している。 ・・・なるほどね。 そういう見方もあるんですね。 しかしバリバリバリュー、急なキャスティングの割には、小倉さんという大物をよく捕まえたなぁ。

コメント (1件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20041113221242158