IT:Vodafone live!BB、今日昼スタート このサービスの狙いは?

"ボーダフォンの携帯電話向けコンテンツ配信サービス「Vodafone live!BB」が本日昼からスタートする。これは携帯で見たいコンテンツをPCを使ってサイトからダウンロードし、携帯で閲覧するという新しいサービス。欧米でも同様の動きが起きる中、このサービスの特徴を調べてみた。  " "
(続く→)まずVodafone live!BBの仕組みだが、
①ユーザーはブロードバンド環境にあるPCを使ってサイトから欲しいコンテンツをダウンロードする。
②それをSDカードなどで携帯に転送。
③携帯で「コンテンツキー」を購入すると、閲覧が可能になる。

ダウンロードを携帯ではなく、PCで?・・・と聞くと、かなりまわりくどいサービスのような気がするが、このサービスの最大の特徴は大容量のコンテンツを扱えることにある。現在の技術では携帯でダウンロードできるコンテンツサイズには容量制限がある。例えば、最新のボーダフォン3G携帯を使っても、最大ダウンロードサイズは2Mバイト。それがブロードバンド環境のPCを使えば、容量制限を気にせず数十Mバイトのコンテンツでもダウンロードできる。
10 分の動画、1曲まるごとの音楽、多機能型のゲーム・・・そういったコンテンツも携帯で視聴可能になる。なお気になるコンテンツだが、サービス開始当初は、高クオリティのフル楽曲や韓国ドラマなどのコンテンツが予定されている。価格は100円から300円程度。著作権保護に関しては、コンテンツに暗号化を施すという。暗号化を解除するコンテンツキーは、課金システムと連動し携帯側で行う。大容量ダウンロードが楽なPC、課金やセキュリティ管理が楽な携帯。それぞれの”いいとこ取り”をしているのが、このサービスの特徴となっている。

・・・このサービス。ボーダフォン自身が「アーリーアダプターがターゲット」と言っているように、最初のうちは、ITの新製品、新サービスに敏感な人たちがターゲットになるのだろう。しかしこんな所に、将来、携帯が完全にテレビ化する芽があるのかもしれない。なおVodafone live!の動きは欧米でも始まっている。さすがに、こちらは良質なコンテンツ確保から。関心がある方はこちらの記事「米FOXが携帯電話への配信開始」をどうぞ。"

コメント (1件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20041215115603412