日本のテレビ: 「ニュースの森」が終了 TBSが5時台ニュース情報番組戦争に参戦

TBSの15年続いた「ニュースの森」(17:50-18:55)が3月で終了する。代わってスタートするのは、新報道番組「イブニング・ファイブ」(16:54-18:55)。時間を1時間繰り上げ、番組枠を拡大。5時台と言えば、NTVが「ニュースプラス1」、CXが「スーパーニュース」、テレ朝が「スーパーJチャンネル」と各局がニュース情報番組で競争を繰り広げている。そこに、今度はTBSも参戦。新番組では、他局同様、ストレートニュース以外の情報も扱った番組内容に変更される。番組の顔となるのは・・・ 番組の顔となるのは・・・メーンキャスターとして三雲孝江(50)とラサール石井(49)。三雲はTBSの平日生ワイド大改編により、やはり放送終了が決定している「ジャスト」からの移動となる。ラサール石井は、現在同局「ウォッチ!」で"編集長"として朝刊紹介コーナーなどを担当。関係者によると、「独自の視点のコメントを生かしてほしい」と、夕方への抜てきとなったようだ。尚「ニュースの森」のキャスターの小倉アナ、池田裕行氏の2人は残留する。 ・・・ちなみに、終了が決定しているTBSの平日ベルト番組は、『ウォッチ!』『情報とってもインサイト』『ジャスト』『JNNニュースの森』など。『ウォッチ!』の後枠にはみのもんた司会の情報番組がスタートする。なんか、編成は変わっても、出演者が変わってないと、ただ単に出演者をシャッフルしているだけのような気がしますが、どうなんでしょう。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20050128123316616