映画;先週末の全米映画興行収入ベスト10

"1. "フライトプラン" お久しぶりのジョディ・フォスター主演 2. "Tim Burton's Corpse Bride," アニメ 3. "Just Like Heaven," リース・ウィザースプーン主演 4位~10位は↓に・・・" "(続く→) 4. "Roll Bounce," 70年代後半のローラー・スケート・ディスコを舞台にした青春映画 5. "The Exorcism of Emily Rose," 魂を乗っ取られたある若い女性の悪魔払いを司った聖職者の裁判の模様を描いたサスペンス・ホラー。 6. "Lord of War," ニコラス・ケイジ主演の武器商人の話 7. "The 40-Year-Old Virgin," 40歳のバージン男性のコメディ 8. "The Constant Gardener," レイフ・ファインズ主演の社会派サスペンスモノ。原作は、ジョン・ル・カレ 9. "Transporter 2," リュック・ベッソンのアレの続編です 10. "Cry Wolf," ジュリアン・モリス主演の高校で殺人が起きるスリラー ジョディ・フォスターの「フライトプラン」はウォルト・ディズニーの配給。内容は、フォスター演じる母親が、大西洋上空の飛行機の中で突然消えた6歳の娘を探すというもの。監督はドイツ出身のロベルト・シュヴェンケ。 ジョディ・フォスターにとっては三年振りの主演映画。この映画への出演は、彼女が脚本を非常に気に入ったことから、決まったらしい。「・・・非常に私的な部分で、この脚本は私の心を捉えた。私を含め、おそらく親なら誰もが持つ恐怖心──それは、振り返った瞬間に自分の子供の姿がなく、さらにその子を救う手段が何もないという恐怖よ」。 パニックルーム以来、彼女には子供を救う母のイメージが定着してきた感じ。でも、パパはどこ?"

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20050926175247967