日本のTV:大阪・毎日放送の隠しカメラ取材に「倫理違反」の見解

放送番組の人権侵害について審理する第三者機関「放送と人権等権利に関する委員会(BRC)」(飽戸弘委員長)は18日、兵庫県内の喫茶店が、たこ焼き屋台店主の嫌がらせで閉店に追い込まれたと報じた毎日放送に対し、隠しカメラなどによる取材について「放送倫理違反があった」との「見解」を通知した。毎日放送は今年5月9日放送の・・・ (続く→) ニュース番組「VOICE」の特集で、兵庫県宝塚市内の喫茶店店主が、店の前で夜間に違法駐車して営業した「たこ焼屋台」を通報したところ、屋台の女性店主によって脅迫めいた抗議が繰り返され、閉業に追い込まれたと伝えた。  しかし、女性店主が「客を装う取材者に誘導的な会話を録音され、盗撮されたものをつなぎ合わせ、いかにも嫌がらせを続けて廃業に追いやったように放送された」とBRCに申し立てていた。  BRCは、違法駐車や脅迫めいた抗議は事実のため、「名誉棄損等の人格権侵害は成立しない」としたもの、「報道の目的意図を明らかにして十分な事情聴取をすることなく放送した」「隠しカメラ・隠しマイクによる取材が不可欠であったと認められる事情は存しない」の2点について、放送倫理違反と判断した。  毎日放送広報部は「委員会決定で指摘された点を真摯にうけとめ、放送倫理を順守し、今後の取材や報道に反映させるよう務めます」とコメントしている。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20051019000719206