新番組:NHK朝ドラの配役&マイナス217億円上半期収支決算

来年4月スタートのNHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」に寺島しのぶ、井川遥の出演が決まった。二人は、戦後の激動期にピアニストを目指すヒロイン桜子(宮崎あおい)の姉妹役。寺島と井川の二人は、いずれも・・・ (続く→) 朝の連ドラ初出演。同局で開かれた記者会見で、長女役の寺島は「撮影中、ケンカをしないようにしたい」と発言。井川は「1回くらいすれば仲良くなるかも」と応えた。 ・・・藤山直美、寺島しのぶ・・・力の入ったキャスティングが低落傾向が泊まらない連ドラの起死回生の策となるだろうか? 一方・・・NHK上半期事業収入はマイナス217億円 21日、NHKは平成17年度上半期の事業収支を発表した。受信料不払いなどの増加で、事業収入は予算の想定を217億円下回る3145億円だった。事業支出は経費削減の結果、予算を209億円下回る3134億円となり、収支均衡を辛うじて保った。事業収入の大半を占める受信料収入は、3005億円と、予算を約234億円下回った。不払いの増加が続けば、17年度通期では予算と比べ約500億円の減収になるとみられ、NHKは「財政運営は極めて厳しい状況」としている。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20051023031855461