新番組:新「西遊記」がたたき出した驚異の視聴率

9日に第一回が放送されたフジテレビ系のドラマ「西遊記」(月曜・後9時)。その視聴率が29.2%を記録したことがわかった(ビデオリサーチ・関東地区)ちなみに瞬間最高は33.9%を記録した。このドラマ、孫悟空役を香取慎吾がつとめる他、第一話には、木村拓哉が悪役である「幻翼大王」として登場。わずか約6分半の出演だったが、高視聴率をアシストした結果になった。9日のフジは、SAMP尽くしの構成で・・・ (続く→) 19時から23時39分まで、すべてSAMPがらみ。約4時間半にわたり、草ナギ剛のバラエティー番組から、「西遊記」を経て「くいしん坊!万才」、「SMAP×SAMP」まで約4時間半に出ずっぱりだった。 孫悟空のキャストは、三蔵法師が深津絵里、沙悟浄が内村光良、猪八戒が伊藤敦史。ドラマは、韓国、台湾、香港、シンガポールでの同時期放送が決定。さらに、中国、タイ、マレーシアでも放送される見込み。 なお29.2%という数字は90年代以降の民放ドラマ歴代6位の記録。フジテレビ系ドラマに限れば、歴代4位の高記録となった。 ・・・かつてロンドンで、堺正章版の西遊記を見たことがあります。けっこうカルトな人気番組でした。今見ると、CGとか合成とかかなりイマイチなんですが、それでも面白いんですよね。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20060111125645790