新番組:東京大空襲を 「音」で再現したテレビ番組

野心的な企画番組が放送される。16日放送の日テレ系「NNNドキュメント’06」(深夜0:25)。「音の記憶 5.1chでよみがえる東京大空襲」 これは、1945年3月10日の東京大空襲の様子を、空襲の体験者と戦後生まれの音響効果マンが・・・ (続く→) 音で再現する過程を伝える。  空襲体験者は、「雨が降っているような、ザーッという焼夷弾が落ちる音がした」「兵隊さんが大勢で低い声で歌っていた」など、耳の奥に残る当時の記憶を語る。音響効果マンの引地康文さん(35)h,体験者を訪ね歩いて集めた証言を基に、10万人の命を奪った2時間半の惨劇を再現する。  番組は5.1chサラウンド放送されるため、専用機器を備えた視聴世帯はより立体的な音を聞くことが可能。悲惨な歴史と平和の尊さを、改めて知ることができる。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20060415020646940