著作権:著作権使用料を一番稼いだ曲は?

日本音楽著作権協会は17日、2006年JASRAC賞を発表した。この賞はCDがヒットし、カラオケでよく歌われ、音楽配信で頻繁にダウンロードされるなどして、著作権使用料の分配額が多い作品に贈られる。国内作品1位の金賞はORANGE RANGEの「花」、2位の銀賞は・・・ (続く→) ケツメイシの「さくら」、3位の銅賞は、前年まで2年連続1位のSMAPの「世界に一つだけの花」だった2005年度の使用料金徴収額の総計は1135億9000万円で、ダウンロード形式の音楽配信が大幅に増加したことなどにより、3年連続で過去最高を更新した。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20060517225016438