日本のTV:NHKの衛星3放送、1チャンネルに統合を――竹中懇が提言へ

竹中平蔵総務相の私的懇談会「通信・放送の在り方に関する懇談会」(座長・松原聡東洋大教授)は1日、NHKの衛星放送3チャンネル(第1、第2、ハイビジョン)を2011年までに1チャンネルに統合すべきだとの意見で一致した。地上波のテレビ放送は現行のまま存続するが、ラジオも3チャンネルを2つ以下に減らす方向で合意。NHKのチャンネル数は最終的に半分に・・・ (続く→)減らすよう提言する見通しだ。NHKは肥大化しているとの批判があり、自民党や政府の規制改革・民間開放推進会議(議長・宮内義彦オリックス会長)もチャンネル数の大幅な削減を求めている。具体的に削減対象を示したのは懇談会が初めて。記者会見した松原座長は電波が届きにくい「難視聴地域」に放送するために衛星放送は残すとしたものの「公共放送として3チャンネルは多い」(松原座長)と指摘した。  ラジオはAMが2チャンネル、FMが1チャンネルあり、これを1―2チャンネルに減らすとした。具体的な削減対象については議論の余地を残した。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20060602113936898