日本のTV:TOKYO MXがテレビ番組をYouTubeなど動画共有サービスで配信

東京メトロポリタンテレビジョンは、7月から放送を開始したテレビ番組「BlogTV」を8月末からYouTubeなどの動画共有サービスで配信すると発表した。 BlogTVは、TOKYO MXがデジタルガレージと共同で制作しているテレビ番組。すでにリハーサル風景などは公式ブログに掲載されているが、8月下旬からは・・・ (続く→) 番組本編を「YouTube」「Google Video」「Revver」の3サービスを通じて配信する。番組は放送終了後に番組をコーナーごとに分割。インターネット向けにエンコードした後で順次アップロードする。アップロード時間は明確に決められていないが、週明けにはネットで見られる状態にするのが目標という。  なお、動画共有サービスによっては広告映像を挿入できないため、配信するのは番組本編のみ。基本的には8月下旬以降に放映された番組を配信するが、過去放送回に関しても許諾が取れた部分については配信する予定。ブロガーの登場コーナーなどは全員に許諾が取れているため、順次配信していくという。  TOKYO MXによれば、番組のネット配信については、スポンサーや出演者などから著作権に関する許諾を得ているとのことで、配信された番組についてはクリエイティブコモンズにより、BlogTVの番組であることを銘記すれば動画の編集も可能。番組出演者でもあるという。  今回、日本のテレビ局としては初となる「番組とネットとの本格的な融合」を果たしたことについて、TOKYO MXの本間雅之取締役編成局長は「TOKYO MXは日本で129番目に開局した後発の放送局。仲良くしているテレビ局はあっても、テレビ局ネットワークの厳しいしがらみなどは存在しない」とコメントしている。 ・・・ようするにYou Tubeをパブリシティとして活用するパターンですね。MXの場合番組視聴可能地域が狭いので、ネットのような世界規模のメディアとの融合がプラスに働くという考えでしょう。大事なのは、その先で、どう具体的なビジネスモデルに持って行けるかですよね。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20060825005403623