映画:63回ベネチア映画祭 金獅子賞は中国映画

ベネチア映画祭が、9日幕を閉じた。最高賞の金獅子賞に選ばれたのは、中国の賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督の「三峡好人」。この映画は、中国の三峡ダム建設で消えゆく町を描いた作品で、会期途中まで出品が秘密扱いにされたサプライズ・フィルムだった。最優秀男優賞は・・・ (続く→) 最優秀男優賞は「ハリウッドランド」のベン・アフレック。 最優秀女優賞は「クイーン」のヘレン・ミレン。 監督賞は「プライベート・フィアーズ・イン・パブリック・プレイセズ」のアラン・レネ監督。 審査員特別賞には、同映画祭史上初めての出品となる、アフリカの国、チャドの映画「ダラット」(マハマット・サレハルン監督)が選ばれた。 ・・・邦画はというと、オダギリジョー主演の「蟲師(むしし)」(大友克洋監督、来春公開)と、今敏監督のアニメ「パプリカ」(12月公開)の2作品とも、主要賞は取れなかった。残念!

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20060911004722384