日本のTV:「演歌の女王」に放送短縮の噂が

日刊ゲンダイの記事によれば、初回以外は1ケタ視聴率が続いている天海祐希の主演ドラマ「演歌の女王」(日テレ)に関して、放送回を短縮する打ち切り案が持ち上がっているという。『演歌』は大ヒットした『女王の教室』のスタッフや出演者が再結集した話題作だったが、これまでの平均視聴率9.7%。この数字は今クールのドラマの中で最低。日テレ側は放送短縮の噂に対して・・・ (続く→)「そういう(放送短縮の)予定はありません。全10回放送します」(総合広報部)とコメントしているが、「当初は全10回の放送を予定していたが、9回か8回に短縮する案も持ち上がっています」(マスコミ関係者)という情報も流れている。  天海は「女王」をはじめ、「離婚弁護士」「トップキャスター」(ともにフジ)と立て続けにドラマをヒットさせ、最新版の「潜在視聴率ランキング」では女優部門の4位に躍進している。 ゲンダイによれば、「この手のランキングは評価がシビアです。連ドラの主演から遠ざかっている松嶋菜々子や山口智子、スキャンダルに見舞われた矢田亜希子や竹内結子も最新版では順位を落としています。コツコツ実績をつくってランクを上げてきた天海ですが、今回のドラマのあと、早い段階でヒットを飛ばさないと、アッという間に “降格”してしまいますよ」(マスコミ関係者)とのこと。 ・・・・「女王の」の時は、天海の鬼教師ぶりに対して、前半は批判の声が大きかった。しかし、視聴率自体は決して悪くなかった。つまり視聴者はあのドラマを早い段階から支持していた訳である。今回の「演歌」では視聴率も振るわなければ、話題性にも乏しい。今季のドラマの勝ち組は「華麗なる一族」と「花より男子2」とTBS。日テレの盛り返しは可能だろうか???

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20070211234413763