日本のTV:手品種明かしでマジシャンがTV局を賠償請求

テレビ番組で手品の種を明かされ、損害を受けたとして、マジシャン49人が1日、番組を放送した日テレとテレ朝を相手に計197万円余りの損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告側の小野智彦弁護士によると、手品の種明かしをめぐる訴訟は初めてという。訴状によると・・・  (続く→) 両局は昨年11月、硬貨に穴を開けたなどとして、大阪府の手品用品販売業者ら4人が貨幣損傷等取締法違反容疑で逮捕された事件を繰り返し報道。手品用の仕掛けが施された「ギミックコイン」を数種類紹介して、たばこがコインを貫通する手品などの種明かしをしたほか、逮捕者らの実演を隠し撮りして流した。  原告側は「報道は視聴率目当てで、ギミックコインの財産的価値が下がった。コイン手品がやりにくくなり、手品師としての名誉も傷つけられた」と主張。原告代表でプロ手品師の藤山新太郎さん(52)は「テレビ局は種明かし番組を繰り返し、抗議してもいたちごっこだ」と話し「手品の種は手品師の共有財産で、法的に保護されるべきだ」と主張している。 これに対し、局側は以下のような対応をしている。 *日本テレビ総合広報部の話 訴状が届いていないので、コメントは控えさせていただく。 *テレビ朝日広報部の話 報道内容に問題はなかったと考えている。訴状をよく検討したうえで、今後の対応を決める。 ・・・今回の場合、報道ですよね。よくマジック番組でマジシャン自身が種明かしをしているのを見ますが、あれは良いのでしょうか?

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20070501213049288