海外のTV: ビクトリア・ベッカムのリアリティーTV番組の評判

英サッカー選手デビッド・ベッカムの妻で、自身もタレントとして有名なビクトリアを取り上げたリアリティーTV番組が、16日NBCのゴールデンタイムに放送された。タイトルは「Victoria Beckham: Coming to America」。これは、タイトルからも分かるように、ビクトリアがアメリカに移住する模様を番組にしたもの。住居探しや米国での運転免許の取得、地震への対処レッスンの様子などが撮影された。この番組放送後、各メディアは・・・ (続く→)厳しい批評を掲載した。 ニューヨーク・ポスト紙:(番組に対して)「好き勝手ならんちき騒ぎ」、(ビクトリアに対して)「退屈で人を見下している」 ニューヨーク・タイムズ紙:「ビバリーヒルズでは、彼女は大勢の中で、裕福かつ金髪で、スプレーで日焼けした1人の有名人の妻に過ぎない」 昨日発表された調査結果では、この番組を視聴したのは、およそ490万人。 裏番組の視聴者数には及ばなかったという。 ・・・先月末、スパイス・ガールズの再結成が発表されたばかり。 ビクトリアはアメリカでの人気が欲しかったのでしょうが、メディアの対応は厳しかったようです。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20070718112759680