IT:欲しい?欲しくない?電話なしiPhone、iPodタッチ登場

"6日、アップルがiPodの新シリーズを発表しました。新しいラインナップは、①画面が大きくなった「ナノ」。②従来モデルを踏襲した「クラシック」。そして③大きな注目を集める「電話なしiPhone」こと「iPodタッチ」です。「iPodタッチ」の特色は、見た目&使い方はiPhoneそっくり、ただし中味はネットにつながる(無線LAN)音楽プレイヤーというもの。当然日本語対応で、今月中に発売が開始されます。(8GB:3万6800円、16GB:4万8800円) これ欲しいですか?それとも欲しくないですか?・・・" "(続く→)・・・うーん、どうなんですかね。
私には「iPodタッチ」は、ちょっと中途半端な気がします。
というのも、iPodは音楽専用(映像を見ることがまったく無い)と割り切っている私のような人間にとって、現在のシンプルな操作以上のものは必要無いからです。つまんだり、引っ張ったりという、iPhone独自のインターフェースは、スマートフォンというコミュニケーションツールと結びついてこそ、威力を発揮する感じがします

それから「iPodタッチ」が無線LAN対応しWEB閲覧機能を持つのであれば、同時にメールも使えるようにして欲しかったです。

なお通信業界では、iPodタッチ登場のニュースによってiPhoneの日本での販売が遅れる(または無期延期される)可能性が高まったと噂されています。

その理由は・・・
1)「iPodタッチ」の登場で、iPhoneへの新鮮味が薄れ、いわゆる「新しモノ好き」ユーザーが減る。
2)「iPodタッチ」は無線LAN対応。ユーザーは欲しい曲をiTuneから直接ダウンロード購入することが出来る。→iPhoneを使ってパケ料を支払って楽曲を買いたいというユーザーが減る→そうした利益を目論んでいた日本のキャリアにとってiPhone導入の魅力が減る。

さて、iPhone導入に積極的だったと言われるNTTドコモやソフトバンクは、今後どう動くでしょうか?(どっちでもいいから、早く!出して下さい)"

コメント (2件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20070913010104367