日本のTV:日テレと読売新聞が「特ダネ」募集サイトをオープン

"日テレと読売新聞は、「みんなで特ダネ!」を開設することを発表した。このサイトは一般ユーザーが撮影した「決定的瞬間」の動画/制止画を投稿してもらい発表するというもの。なお審査の結果、投稿された中から報道価値が極めて高いと判断されたものはNNN系列局のニュース番組や読売新聞紙上で・・・
" (続く→)
掲載されるという。なお携帯での撮影が多いと想定されることから、同サイトは携帯電話からの投稿にも対応している。このシステムは、動画投稿サービスを運営しているフリップ・クリップが構築した。

動画・静止画を投稿する際には、「投稿タイトル」、「本名」、「住所」、サイト掲載時の「ハンドル名」、「メールアドレス」、「電話番号」の入力が必須となり、投稿者には日本テレビまたは読売新聞から電話確認が入るという。

日テレの報道局によれば「(従来のニュースでも)一般の方の動画が勝敗を決することもある」とのことで、新サイトは、そういった動画や写真を受け入れられる窓口という位置付け。事件・事故現場を撮影した一般ユーザーが「新聞やテレビに載せてみたい」と思った際、真っ先に投稿してもらえる場を目指す。また「動画なら1日1本か、1週間に1本、写真なら1日5枚程度採用できれば大成功」という展望を掲げている。



・・・日テレも思い切ったことを始めましたね。
しかし「動画一日一本」「写真、一日5枚」を採用出来れば・・・というのはちょっと読みが甘い気もします。
それはさておき、一般のユーザーから特ダネを募集することで、競争力が増すのか、それとも、自作自演のような問題が起きて、信頼性が落ちてしまうか、まだ分かりません。個人的には後者を信じたいのですが・・・。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20070918235447416