社会情報:わいせつブルーレイ初摘発

わいせつな映像を記録した次世代DVD「ブルーレイ・ディスク」(BD)を販売目的で所持していたとして、大阪府警保安課などは6日までに、わいせつ図画販売目的所持の現行犯で、大阪市東淀川区東淡路、わいせつDVD販売店経営朴哲浩容疑者(54)を逮捕した。わいせつBDの摘発は全国初という。朴容疑者は「納品業者からこれからはBDの時代だと勧められたので置いてみた」と供述。店内では・・・ (続く→)BDなど約1万枚が売られていたが、規格争いで敗れた「HD DVD」はなかった。  調べでは、朴容疑者は5日、浪速区難波中の販売店で、無修整のわいせつBD2枚を販売目的で所持していた。DVDは5枚5000円で売っていたが、BDは1枚4000円で2月から販売していた。  朴容疑者はスポーツ紙に「次世代DVDディスク、BD新発売。50インチテレビでテスト試写見学会。最高画質」などと広告を載せて客を集めていた。  ・・・「納品業者からこれからはBDの時代だと勧められたので置いてみた」・・・素敵です。BDだとお値段4倍ですか。しかしHD DVDは無かったという部分とか、この記事を書いた時事通信の記者さん、相当、楽しんで書いているのが伝わってきます。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20080306160610818