映画:カンヌ映画祭 受賞一覧

第61回カンヌ国際映画祭は25日夜、コンペティション部門の授賞式が行われ、最高賞のパルムドールに、パリの学校の教師と若者たちの日々を描いたローラン・カンテ監督の「クラス」が選ばれた。また、第61回特別賞が、「クリスマス・テイル」に出演のカトリーヌ・ドヌーブと、「エクスチェンジ」のクリント・イーストウッド監督に贈られた。その他、主要な受賞は・・・ (続く→) ▽グランプリ=マッテオ・ガローネ監督「ゴモラ」 ▽監督賞=ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督「スリー・モンキーズ」 ▽審査員賞=パオロ・ソレンティーノ監督「イル・ディーヴォ」 ▽男優賞=ベニチオ・デル・トロ(「チェ」) ▽女優賞=サンドラ・コルベローニ(「リナ・デ・パッセ」) ▽脚本賞=ジャン・ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ(「ロルナの沈黙」)▽カメラドール(新人監督賞)=スティーブ・マックイーン(「ハンガー」) ▽61回特別賞=カトリーヌ・ドヌーブ、クリント・イーストウッド ▽新人監督賞=スティーヴ・マックィーン(「Hunger」) 日本関連に注目してみると・・・ ▽「トウキョウソナタ」(黒沢清監督)が、「ある視点」部門で最優秀賞に次ぐ審査員賞を受賞。同部門はコンペティション部門に次ぐもので、最優秀賞にはカザフスタンの「トゥルパン」が選ばれた。 ・・・ワイドショーが大騒ぎした、木村佳乃と伊勢谷友介が出演した「ブラインドネス」(フェルナンド・メイレレス監督)は賞が取れませんでしたね。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20080527191236961