日本のTV:NHK経営委員長にみずほFG社長を起用へ

政府は13日、任期満了で退任するNHK経営委員会の古森重隆委員長(富士フイルムホールディングス社長)(69)の後任に、みずほフィナンシャルグループの前田晃伸社長(63)を充てる方向で最終調整に入った。同日、前田氏を含む4人をNHK経営委員に充てる人事案を・・・ (続く→)国会に提示済みで、衆参両院の同意を得て麻生太郎首相が委員に任命する。任期は3年。前田氏は12月22日に開催予定の経営委員会で委員長に互選される見込み。 なお現委員長の古森重隆富士フイルムホールディングス社長は11日、委員会後の会見で、自身の任期が12月21日で満了することについて、「委員長としてやれることはやった。後に優秀な方もいるし、できるだろうと思う」と述べ、続投する意思がないことを明らかにした。  古森委員長は「国会審議前に申し上げるのは適切ではない」としながらも、急速に悪化する経済情勢に言及。「世界中みんなそうだが、日本の企業も大変。そちらにもウエートを置かないと。本業でも8万人の社員がいる」と話し、社長業に専念する意向であることを示唆した。  NHK経営委員は衆参両院の同意を得て選ばれ、任期は3年。委員長は委員の互選で決める。古森委員長は昨年6月、石原邦夫前委員長が任期半ばで辞任したことに伴い、委員就任と同時に委員長に選任された。 ・・・富士フイルムの人の次は、みずほの人。どちらも経済人としては素晴らしい経歴の方々だと思いますが放送人としてはどうなのでしょう?ようするに政府としては、明らかに内容よりも経営再建が優先だということですよね・・・・。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20081113175933380