視聴率:年末年始 視聴率成績表!(歌手別トップも、大河も、駅伝も)

年末年始の視聴率が発表された(ビデオリサーチ関東地区) 健闘したのは、大晦日の「第59回 NHK紅白歌合戦」。第1部は35.7%で前年比2.9ポイント上昇。第2部は42.1%で、前年から2.6ポイントアップして3年ぶりに40%台を回復した。この結果、北京五輪開会式の37.3%を上回り、紅白が08年のNO.1視聴率番組となった。一方、顔色真っ青なのが・・・ (続く→)「第46回新春かくし芸大会2009」(18:30 CX) 視聴率は涙、涙の8.6%。前年の12.6%から大きく落ち込んだ。ちなみに1ケタ視聴率はかくし芸史上初。ガーン!予算のかかっている番組だけにツライですよね。 一方、視聴率は横ばいだったけど、取り敢えず下がらなくてスタッフがホッとしているだろうなと思うのは「第50回輝く!日本レコード大賞」(12月30日放送 19:00 TBS) 視聴率は16.9%で前年比0.1ポイント増と横ばい。記念の50回大会ですから、下がったらシャレにならない。Wink復活のおかげ? さて、大晦日です。 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日テレ) 関西地区では関東を4.8%も上回る20.2%を記録。07年に比べても3.1%上昇。M-1もそうでしたけどお笑いは本当に西高東低。「ガキ使」の視聴率を大健闘と書いているマスコミもあるけど、そうなんでしょうか?余りにも他がふがいなかったので、まぁまぁが目立っているという感じじゃないでしょうか? ふがいなかった組 「ハッスル・マニア2008」(TX)前年比0.6ポイント減。 テレ東よ、泰葉で視聴率が取れると思ったのか・・・・。 「Dynamite!!」(TBS)12.9% 過去最低の数字を記録。 谷川EPの反省の弁が色んな所に出ていましたが・・・。恐らく視聴率が下がったのはマッチメークに話題性が乏しかったからでしょう。魔裟斗、山本“KID”も欠場しちゃったし。それに加えて、一時に比べて格闘技人気が下降しているような気がします。(好きな人は好き、という普通のスポーツコンテンツに落ち着きつつある感じ)これを打破するのは石井慧のような超新星が登場しないとダメ? ・・・紅白は、ポニョ(のぞみちゃん出ずっぱり)、ヘキサゴン(こちらも出ずっぱり)、おふくろさん、ミスチルに頭が上がらないという感じです。あと裏番組にも。民放はどれも、やる前から負けを覚悟しているような番組編成だったもん。それから不況も後押ししてくれた感じですね。お金が心配だから家で年越しという人が多かったから。

コメント (3件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/2009010321491888