日本のTV:NHK、09年度予算案で13年ぶりの赤字見込む 

14日、NHKは鳩山総務相に09年度予算案を提出した。事業収入が前年度比124億円増の6699億円に対し、事業支出は同256億円増の6728億円で、29億円の赤字予算となった。事業収支差金が赤字となるのは阪神大震災の余波を受けた96年度以来、13年ぶりとなる。赤字となった要因は地デジ放送関連対策費などが要因で・・・ (続く→)374億円の設備投資費などがかさむ。赤字分は繰越金から補てんする。一方、受信料収入は受信契約件数を今年度より30万件増の3689万件と想定、過去最高の6490億円を計上している。総世帯に占める支払比率は72.2%と今年度より0.7ポイント高める。 ・・・13年ぶりの赤字と報道されることの多い予算案ですが、実はかなり強気の案ではあります。例えば、収入の柱である受信料ですが、今年度(見込み額)より90億円、1.4%upを見込んでいます。深刻な不況が予想される来年度、受信契約件数を今年度より30万件増というのは可能なのでしょうか??

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20090114190720233