社会情報:自民が検討、地デジTV購入に2万円支援

自民党は追加景気対策の一環として、地上デジタル放送が受信できるテレビやチューナーを購入した全世帯に一律2万円程度の支援金を配布する方向で検討に入った。2011年7月に地上デジタル放送へ全面移行する計画も1年間前倒しして、早期普及を目指す。液晶テレビなど急激な需要落ち込みに悩む電機業界を支援する狙いもある。自民党のe―Japan特命委員会(小坂憲次委員長)が・・・   (続く→)18日、「IT(情報技術)による景気・雇用・環境緊急対策パッケージ」の議論に着手、3月までの取りまとめを目指す。国税の申告などの行政手続きを電子化する電子政府計画、電気自動車普及なども前倒しし、合計で7兆円規模の経済効果を見込む。 ・・・e―Japan特命委員会ってネーミングがまずいかがなものか?この支援金の目的が、デジタル化促進ではなく、景気対策だからなのでしょうが、本来的にはテレビやビデオチューナーを「購入した世帯」に配るのではなく、購入できない世帯に補助をした方がいいと思うのですが・・・。 ちなみにこれでも↓支援金は出るのでしょうか?それとも日本製メーカーでなければダメなどという条件を付けられてしまうのかな・・・。 「HD対応地デジ液晶が2万9800円 ドン・キホーテ」 ドン・キホーテは2月16日、プライベートブランド「bis」シリーズ新製品として、地上デジタルチューナーを内蔵した16V型液晶テレビを2万9800円で発売した。1366×768ピクセルのハイビジョンパネルを搭載。輝度は250カンデラ/平方メートル、視野角は上下160度、左右170度、応答速度は8ミリ秒。D4端子やS端子を備えたほか、D-Sub15ピン端子でPC接続も可能だ。サイズは402(幅)×169(奥行き)×320(高さ)ミリ、重さは2.7キロ。

コメント (1件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20090218183236396