IT:米から上陸、新しいCM+ネット+動画サイト手法

アメリカから新しい広告手法が上陸した。カリフォルニアに本社を持つ米グラムメディアの日本法人が10日から稼働させた「グラムTV」がそれ。基本は広告付きの動画サイトなのだが、裏にはよく練られた広告戦略がある。まずスポンサーはグラムTVと期間契約を行う。(一社独占) 現在はワコールがスポンサーとなっている。並んでいる動画コンテンツは9本(ファッションショーやパリス・ヒルトンの映像など8本にスポンサーの動画広告1本=計9本が並んでいる)・・・ "(続く→)この動画は、6000本以上あるという米グラムのリストの中から、ワコールの新商品のターゲット層に合わせたものをセレクトしてあるという。スポンサーにしてみれば顧客層が関心のある高画質の映像と共に、自分たちの商品のPR映像を流すことが出来るというメリットがある。 気になる料金だが、スポンサー料金は4週間で200万円。4月まではキャンペーン期間として、150万円の特別料金適用。 広告効果に関しては、1スポンサーあたりのスポンサードページの延べ閲覧者数は4週間で1万から1万5千人を見込み、スポンサード企業用にカスタマイズしたデザインの専用ページの中で、バナー広告、テキスト広告、そしてクライアント動画広告の全てのスペースをジャックすることが可能だという。 ・・・ちょっと理解するまで時間がかかりました。垂直統合型ネットワークとか、難しい説明があったせいで・・・。しかし雑誌媒体が沈みつつある今、この発想はありだと思います。とにもかくにも、グラムという媒体価値がどこまで高まるかですね。あと意外に、グラムTVのターゲット層は携帯メインなのでその点がちょっと気がかりです。 関連サイト: 日本のグラムTV http://www.glam.jp/tv/ アメリカのグラムのビデオ http://www.glam.com/videos/ ブログに紹介された米グラムの話 Glam、広告掲載者への支払いを大幅減額―「最大80%の収入ダウン」 http://jp.techcrunch.com/archives/glam-makes-big-cuts-in-publisher-payments-up-to-80-drop-in-revenue/"

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20090310154502838