日本のTV:里帰り最速!堀尾アナがNHK地上波出演

NHK出身で現在フリーとなった堀尾アナ(54)がNHKスペシャル「ふるさと法廷?激論! お国柄の真相」(14日午後10時50分、総合)の進行役で1年5カ月ぶりに地上波で登場することがわかった。 収録は、4年間勤務した大阪放送局で6月下旬に行われた。「最初は緊張しましたが、入念なリハーサルやカメラポジションの確認、微調整など昔のようにやって・・・ (続く→) 、これが故郷のやりかたなんだ、と退職前と変わらない気持ちになった」。番組は、裁判形式で日本各地域の特性を浮き彫りにしていく構成。今回、法廷に立つ被告が「大阪人」。原告は「大阪人に迷惑を被ってきた人々」で、番組に寄せられた体験談をベースに、実験や裏付け捜査で立証していく。  堀尾アナは、「裁判長役は私です。大阪人の心を愛し、阪神ファンである埼玉人の私が大抜擢?! されました」と今回のオファーを分析する。 「『ご近所の底力』でお世話になった小原美和チーフプロデューサーが大阪に転勤し、この番組を担当し、私のことを局に掛け合ってくださったんですよ」  同局を退職し、古巣へ復帰した看板アナ陣に森本毅郎アナ(1984年退局)、大塚範一アナ(94年)、宮本隆治アナ(2007年)がいるが、すべて衛星放送番組で、地上波登場は堀尾アナが初めてだ。視聴者から、どんな判決がくだされる。放送は14日、NHK総合で。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20090810193121777