Mail Magazine Vol.761 2014/10/5 『御嶽山噴火 短信』

みなさん こんにちは。 この原稿は日曜の夜に書いていますが、西から台風18号が近づいているとあって窓の外は激しい雨が降っています。

この雨で気になるのが
先週起きた、御嶽山の状況です。

■■■  御嶽山噴火 ■■■

9月27日、長野と岐阜にまたがる
御嶽山(おんたけさん)が噴火しました。

昨晩(4日)発表された
亡くなった方の数は51名。
91年の九州・雲仙岳の噴火を上回る
戦後最悪の火山被害となってしまいました。

今回の噴火が
ここまで大きな被害をもたらした原因として、
噴火のタイミングを指摘する専門家が多くいます。

まず、季節と曜日。

噴火が起きたのは、9月末。
御嶽山はこの時期、紅葉の真っ盛り。
一年で最大の行楽シーズンを迎えていました。

そして、土曜日。
言うまでもなく平日に比べ、
週末は多くの人々が山を訪れます。

次に、時間。
噴火は午前11時52分に起きました。

御嶽山に上る人の多くは、
車で行ける7合目から頂上を目指します。
7合目から頂上(剣ヶ峰)までは最短コースで、
上りに3時間、下りに2時間、計5時間かかります。

さらに景色を楽しみながら
余裕をもって登ろうとすると、
往復で7時間。

だから多くの登山者は、朝出発し、
昼に山頂に着き、午後に下りてくる。
そんなスケジュールを組むのです。

せめて噴火が
別の季節に起きていれば・・・
平日に起きていれば・・・
1~2時間、前後にズレていれば・・・
被害にあう人の数はだいぶ違っていたはずでした。

しかし噴火は最悪のタイミングで起きました。
その理由は、何もわかりません。

今回の噴火で私たちが学んだことは、
地震と同じく、噴火についても、
今の科学のレベルでは
分からないことだらけだという事です。

例えば、誰もが気になる
東日本大震災との関連や、他の火山への影響、
こうしたことを報道番組で専門家に尋ねても、
「あるかもしれない、ないかもしれない」と
曖昧な言葉しか返ってきません。

さらに、こんなことも学びました。

火山はどんなに長い間、噴火していなくても、
いつ噴火するか分からないのです。

私の子供のころは、
火山には、死火山、休火山、活火山の
三種類があると教わりました。

そして休火山の例として、富士山、
死火山の例として、御嶽山があるとも教わりました。

休火山とは
有史以来火山活動の記録があるが、
現在は噴気などの目立った活動のない火山。

死火山とは、
有史以来活動の記録がない、
つまり、動が終わっていると考えらえる山、
という意味でした。

しかし1979年に死火山のはずの御嶽山が
噴火を起こし、気象庁はこの定義を撤廃しました。

実は、私は御嶽山に去年ロケで行きました。
その時まで、御嶽山については
♪木曽のおんたけさん・・・という唄くらいしか
知識が無かったのですが訪れてみると、
実に美しい山でした。

麓には美しい湖が広がり、
7合目へ向かう道路の傍には、
沢山の石碑が並んでいます。
これらの石碑は、
「死んだあと、自分の魂はお山(御嶽山)にかえる」
という信仰に基いて寄進されたもの。
御嶽山は、古くから山岳信仰の山なのです。

そして7合目では、これから山頂を目指す
白装束に金剛杖を手に持った集団にも会いました。
中には「こんなお年寄りも登るの?」と思う人もいて、
山に対する信仰心に驚いた記憶があります。

日本の面積は、世界の約400分の1、
その日本には、世界の火山の10分の1が集まっています。
火山、噴火、地震・・・
残念ながらこの国に住んでいる限り、
こうした天災から逃れることは出来ません。

いまから14年前に起きた九州の雲仙岳の噴火では、
今回のような水蒸気爆発が起きた数か月後に、
再び大規模な噴火が起きました。

御嶽山がこのまま静けさを取り戻してくれることを、
そして、御嶽山の噴火が他の火山を刺激しないことを、
心の底から願わずにはいられません。


■■■短信■■■

「北陸新幹線の料金発表」
来年3月に開業する北陸新幹線の料金について
先日発表があったのですが、これが高すぎる!と
話題になっています。

気になる運賃を見てみると・・・
東京→金沢(指定・片道)14120円
東京→富山(指定・片道)12730円

東海道新幹線のほぼ同距離の
区間料金と比べてみると、
約2000円ほど割高な感じです。

一方空の便は金沢最寄の小松・羽田間が、
格安チケットで12000円となっています。

北陸新幹線の最大の売りは、
東京・金沢間がこれまでより
1時間20分短縮できること。

そのため盛大にトンネル工事をしたので、
この価格設定は妥当かなと思いますが、
時間を取るか、お金取るか、悩みどころです。

「紅白歌合戦の司会に吉高由里子決定」
朝の連ドラ「花子とアン」のヒロインを務めたので
妥当な配役かもしれませんが、最近の紅白の司会って、
男はジャニーズ、女は朝ドラか大河の主人公で、
サプライズが無い感じです。

「錦織君、絶好調」
東京・有明コロシアムで開催されていた
楽天ジャパン・オープンで錦織圭が
全米で死闘を演じたミロシュ・ラオニッチを
再び破り、優勝!
先週のマレーシア・オープンに続2週連続優勝に、
「信じられない。日本のみなさんの後押しがあって、
限界を乗り越えて戦えた」と錦織選手、泣いておりました。
実際にスゴイ数のファンと声援でした。

今週は以上です。
台風はこのまま進むと、
関東地方を明日の出勤時間に直撃。
困ったなぁ・・・。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/20141006145949364