Mail Magazine 2009年2月13日 『今日は何の日  小泉さん、唸る! りえちゃんおめでとう』


Mail Magazine 2009年2月13日『今日は何の日  小泉さん、唸る! りえちゃんおめでとう』



こんにちは、メディモン3号です。

2月も半ばですね。
寒いは寒いのですが、春の雰囲気をそこかしこに感じることができます。

今、首都圏では、紅白の梅や、白と黄色の花弁で首の長い日本水仙が花盛りで、道行く私たちの目を愉しませています。

街で花が咲き始めると、「ああ、春だなぁ。」と思いますね。

去年まで住んでいた家には水仙が群生していて、この時期には腕に抱えるほどカットしたものです。

それを飾ると、もう何日も馥郁(ふくいく)としたいい匂いが部屋に満ちて、実に幸せな気分になるんですよ。

が、今年から私はマンション住まい。
水仙の匂いを求めて花屋さんに行ったら、えっ!!
10本で500円もするの!?
10本なんて、ほんのちょっとしかないのに!?

春を感じるのにもお金が必要なのですね(涙)。
うう、世知辛い…。

というわけで今週のニュースです。

【今日は何の日】

明日(2月14日)はバレンタインデーですね。
今年は土曜のバレンタインということで、会社勤めの人にとっては、嬉しいような(女性陣)悲しいような(男性陣)…。

前々回のメディモンで、「今年はあまり盛り上がってない」と書きましたが、一年に一度だけ世界中の名ショコラティエの作った珠玉のチョコレートが集まる(買える)季節とあって、自分で食べる用&人様にあげる用を買う女性で、売り場はかなり込み合ってきました。

その中で今年一番驚いたのが、東京ミッドタウンに出店している超高級チョコレート店「NoCA」の「エクスクルーシブムービーボックス」という商品。

こちらはボックスの蓋裏に、動画を映し出すモニターが内蔵されていて、箱を開けると自動的に動画が流れ出す…というユニークなしかけのもの。
つまり「私の気持ちを受け取って!」とか「好きです!」とか自分の動画入りで相手に贈ることができるわけです。

昔グリーティングカードで、15秒ほど音声が録音できるのがありましたが、それの進化系でしょうか。

ちなみにこの手のひらサイズのボックスに入っているチョコレートはたったの一粒。
で、お値段 なんと2万8350円!!!
ぎゃー、た、高い!!!

…確認しますが、今、日本って不況でしたよね?
いったい誰が買うんだろ。
お店に張り込んで買う人の顔が見てみたい。

前述したとおり、今年のバレンタインは土曜日なので、会社勤めの人&学生さんは、社内の人や同級生から義理チョコをもらうとしたら、今日が勝負なわけです。

私が勤めている会社の社長さんもその分にもれず、朝からソワソワとなにやら挙動がおかしくなっています。

「バレンタインだからですか?」と意地悪を言ったら、「いえ、今日は1234567890秒の日ですから」と。

そう、実は今日2009年2月13日は、ある種の人にとって大事な日なのです。

みなさんUNIX (ユニックス) って知ってますか?
平たく言うとWindowsとかMacとかのようなOS(オペレーションシステム)です。
日本よりアメリカで、よりポピュラーでして、現役のOSとしては比較的長い歴史を持っていて、熱狂的なファンが多くいます。

で、このUNIXの時計が1970年1月1日0時0秒から何秒経過したかの累積秒が「1234567890秒」という、なんとも語呂のいい数字になるのが本日2月13日なのです。

UNIXファンの人たち(特にアメリカ)は、こうした語呂のいい日に、パーティをして祝ったりするそうなのですが、コンピュータに興味があまりない私には????な話。

しかし社長…。
それってアメリカでは13日でも、時差のある日本では、2009年2月14日土曜日の08:31:30が「1234567890秒」になる時間ですよ?
今日は日本では、単なる「13日の金曜日」ですけど…。

やっぱりウキウキの理由は、バレンタインですね?

大丈夫、ちゃんと女子社員全員で買ったチョコを用意してありますから。
(それでしばらくご機嫌でいてくれるなら安いものです!)

みなさまも、どうぞよいバレンタインをお過ごし下さい。

P.S ちなみにWikipediaを見てみたら2月13日は、「苗字制定記念日/名字の日」「銀行強盗の日」でした。

【小泉さん、唸る!】

就任以来、なんとも影が薄いというか、いいイメージのない残念な麻生現首相。

が、先日、とうとう自民党の小泉元首相に、痛烈に批判されてしまい、窮地に陥っています。

小泉さんの問題発言は12日、郵政民営化推進派議員の会合上で発せられました。
開口一番「最近の首相の発言は、怒るというより笑っちゃうくらい、ただただあきれている」と。

みなさんご存知の通り、郵政民営化を推し進めたのは小泉元首相で、その政治生命を賭けて実現させた生みの親としては、最近の麻生首相の国会答弁での「民営化に賛成ではなかった」「郵政4分社化を見直す」という発言に怒りがおさまらなかった様子。

さらに・・・
「批判的な意見を若手が出すと、執行部は、『後ろから鉄砲を撃つな』と抑え込む。しかし最近の状況は、戦おうとしている人たちに首相が前から鉄砲を撃っている」とか、「首相の発言に信頼がなければ、選挙は戦えないんです」など、往年の小泉節が大炸裂。
顔つきこそ穏やかでしたが、発言のトーンは全体的に、現首相に対する不快感がミエミエ、でした。

小泉首相が辞めてより後、日本の首相は安倍さん、福田さん、現在の麻生さんと代わっていますが、「もう一回小泉さんにやってほしい」という小泉首相待望論が、その間、常にあったんですよね。
いい政治家かどうかは別として、それくらい小泉さんは大衆に人気があるわけです。

ところが、麻生現内閣が成立した翌日に、次回の衆議院選挙には立候補しない、つまり実質的な議員引退発言をし、「自分の地盤は二男に譲る」と明言していて、「僕はもう土俵には登らないよ」という感じで、ずっと沈黙を守っていたんです。

それが、この一喝。

小泉さんは世論のみならず、党内でも影響力のある人ですし、外部だけでなく内部からも相反されたら…
あわわ、麻生さん大ピンチ!

…もしかしたら、このまま倒閣ですかね。
可能性がなくはないですね、残念ながら。

しかし、しつこいようですが、麻生さんがいなくなっても、その後を継ぐ人材がいないのですから、しょうがない…。

オバマ氏がどれだけ大統領としての政治手腕をお持ちか、私には分かりませんが、先日の就任式の様子を思い出すにつれ、日本にはこんな人気(期待?)のある首相…いないなぁ…と悲しくなるのです。。。

【芸能短信】

女優の宮沢りえさん(35歳)が妊娠6ヵ月目で、かつ、お相手(一般の方)と近く結婚するという、おめでたいニュースが飛び込んできました。

キャスターの人もコメンテーターの人も、そして私も見事に感想が一緒。
「本当~によかったですね!!(涙)」

りえちゃん(と呼ばせてください)は、10代でトップアイドルとなり、国民的美少女、後藤久美子と共に、一世を風靡した人です。
私の世代(ちょっと年上)にとっては、「美少女の定義が180度変わった!」と思わせた、エポックメイキングな存在。

彼女は17歳でふんどし姿になったり、18歳でヌード写真集を出したり、やることなすことが輝いていて、と・に・か・く、かわいかったのです。(当方女ですが)

しかし、貴花田(当時)と婚約→破局した頃から、拒食症で激痩せしたり、彼女の行動すべてを支配していたというステージママとの関係など、彼女の周りになにか「不幸」というか、見ていて痛々しい雰囲気が付きまとうようになって…。

今は演技派女優さんとして頑張っていて、ときどき浮名なんかも流しましたけど、それでも私たちの中には、「何かの犠牲者」というイメージが取れなかったんです。

が、今回のおめでた報道!
私は普段「できちゃった婚」否定派ですが、今回はもろ手をあげて祝福したいと思います。

幸せに、幸せに、しあわせになってね、りえちゃん!!!

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/MailMagazine20090213