Mail Magazine 2009年10月2日 『オリンピック開催地は? 歴史ブームは続く ほか』


Mail Magazine 2009年10月2日『オリンピック開催地は? 歴史ブームは続く ほか』



みなさん、こんにちは。
とうとう10月に突入。
今年も、残りあと3ヶ月。
この間、お正月だと思っていたのに、この時間の流れの早さに、嫌気がさします。

■■■オリンピック開催地は何処に??■■■

今夜、国際オリンピック委員会(IOC)総会が開かれます。
そして、日本時間3日午前0時10分からの投票で、2016年の夏季五輪の開催地が決定するのです。

今回、開催地に手をあげているのは、ご存知のように、東京、シカゴ(米)、リオデジャネイロ(ブラジル)、マドリード(スペイン)の4都市。

下馬評では、シカゴとリオが優性とのことですが、さて、どうなるのでしょうか??

朝のワイドショーなどでは、
「いよいよ、発表目前!」などと、司会者が盛り上げていましたけど、社内でも、オリンピックの話題をする人もいないし、
「決まらないでしょ、どうせ」と、国民は、冷めて見ていますね・・・

でも、ささやかではありますが、今日の夕方から、東京タワーは五輪カラーでライトアップされ、
大展望台部分には「2016TOKYO」の文字が点灯、
レインボーブリッジでも、招致ロゴや五輪をモチーフにした映像が投影されたりと、オリンピック招致を盛り上げます。

そして、万万が一、東京に決まったら??

都庁近くの新宿中央公園から、五輪をイメージした5色の祝賀花火が打ち上げられるそうな。

そんな真夜中に花火を打ち上げても、招致委員会以外の一般の人は、見れないですよね。
しかも、新宿中央公園と言えば、副都心の超高層ビル群のど真ん中。
歩いている人も、いないだろうし・・・
さらに、今日は雨。

そもそも花火って、雨でも上がるのかしら??

まぁ、泣いても笑っても、あと数時間後には決定します。

■■■歴史ブームは続くよ、どーこまでも~■■■

今週は、会社の中がとっても静かでした。
「あれ?」と思い、名前のボード(今、どこにいるか?を書くボード)を見てみると、その殆どが赤札。
これは、「今日はお休み」という意味です。

名前の横を見ると、「○○日まで夏休み」のオンパレード。

わが社の規定では、7月~9月までの3ヶ月間で、5日間の夏休みが認められているのですが、期限ギリギリになって、慌てて取る人が多いんです。

まるで、子どもの夏休みの宿題みたいですよね。
締め切り間近かで、慌てる・・・

こんな静かだと、人が電話で話している内容や、打ち合わせをしている内容など、聞こうとしなくても、自然と耳に入ってきてしまうのです。

「ずっと歴史がブームでしょ?」
「歴女(れきじょ)がさぁ・・・」
「武将の中でね・・・」
「歴史はやっぱり戦国だから・・・」

何なに?

実はこれ、みんな企画のお話なんです。

昨年度のNHKの大河ドラマ「篤姫」放送以来、歴史ブームと言われているんですけど、
「ブーム」となったものには、すぐに飽きてしまう日本人。
この「歴史ブーム」も、そろそろ終わる頃だよね~、なんて思っていたら、いや、いや、まだ、まだ。

歴史をテーマにした番組企画の多いこと、多いこと。
我ながら、びっくりしてしまいました。
局から「歴史モノを・・・」と要望されるんです。

それを象徴するように、
「TVガイド」の最新号は、なんと!
「”歴ドラ”超特大号!」
しかも、「保存版付録 戦国武将"極”FILE」付き。

そうなんです。
この秋の連ドラに、2つも”歴ドラ”(歴史ドラマ)が登場するんです。

●JINー仁ー (TBS 日 21:00-)
主演:大沢たかお/中谷美紀

これは、高視聴率が期待出来る医療ドラマと、歴史ドラマをドッキングしたもので、現代の脳外科医が、幕末にタイムスリップしてしまう、というストーリー。

●サムライ・ハイスクール (NTV 土 21:00-)
主演 三浦春馬(みうらはるま)

今度は歴ドラに、学園ドラマをドッキング。
真田幸村の家臣の生まれ変わりという男子高校生が、窮地に陥るとサムライに変身して、世のために戦う、という内容。

二つとも、まだ始まっていないドラマなもんで、何も感想が書けないのですが、始まったら、また恒例の「ドラマ視聴率ランキング」で、ご紹介しますので、 しばし、お待ちを!

さて、「保存版付録 戦国武将"極”FILE」の方ですが、
その中に「人気武将ランキング」なるものがありまして、、

以下、皆さんも、各質問に自分なりの答えを考えながら読んでいってくださいね。

Q. 自分がなりたい武将は?

1位:織田信長

・・・まぁ、これは何となく分かりますね。

2位:上杉謙信
3位:豊臣秀吉

Q. 彼氏にしたい武将は?

1位:真田幸村

・・・昔からの人気者ですね。
さらに、今OA中の大河ドラマ「天地人」では、真田幸村を演じているのはイケメン俳優の城田優。
そのかっこいいイメージと、負けると分かっていて、豊臣側につき、徳川軍相手に孤軍奮闘した悲劇の武将のイメージが、歴史上のヒーローになった理由でしょう。

2位:伊達政宗
3位:直江兼続
・・・この人が、「天地人」の主役です。
ドラマでは、妻夫木聡が演じています。
この人、「愛」という文字を兜につけていたそうです。

Q. 友達にしたい武将は?

1位:石田三成

・・・義に篤く、信用できそうなイメージということで、票を集めました。

2位:前田慶次
・・・人気マンガ「花の慶次」で有名に。直江兼続の親友です。
3位:大谷吉継
・・・病気で白い頭巾をかぶっていた武将。
関が原では、輿にかつがれて、不利を承知で、石田三成のために戦った姿が涙を誘います。

Q. 上司にしたい武将は?

1位:徳川家康

・・・たぬきオヤジのイメージがありますけど、何と言っても、江戸時代の基盤を築いた天下人ですもんね。

2位:上杉謙信
3位:武田信玄

Q. 部下にしたい武将は?

1位:直江兼続

・・・仕事が出来て、上司に忠実。
確かに、理想の部下かも。
大河ドラマ化されるまでは、殆どの人がこの人の名前すら知らなかったはずなのにね。

2位:片倉景綱
・・・伊達政宗の軍師役
3位:前田利家
・・・加賀百万石の領土を一代で築いた前田利家。
秀吉との主君と家臣の関係性が人気に繋がりました。

どうですか?
結果は納得いくものでしたか?

さて、「TVガイド」をじっくり読んでいたら、上司に呼び出されました。

「企画を1本書いてくれる?」
「はい・・・」
「テーマは歴史でね・・・」
「(心の声)きた~!!!」

とうとう私のところまで来ましたよ~。
歴史ブームは、続きます・・・

■■■芸能短信■■■

●酒井被告が予定早め退院

すっかり、落ち着いたのりピー報道。
仮釈放後に行った記者会見の後、入院治療していたのりピーですが、昨日、退院しました。
でも、退院後も息子とは別々に暮らすのだとか。
母も息子も、辛い日々は続きます・・・

●沢尻エリカ、所属事務所解雇騒動

事務所から「重大な契約違反が発覚した!」と、解雇を言い渡されたエリカ様。
その理由は、のりピーと同様の麻薬だとか、
独立問題だとか、色々言われていますが、
夫でクリエーターの高城剛氏が、個人ブログで大反撃。
弁護士を立てて、申し立てをしているようですが、事務所側は、最終的な契約解除通告。
事務所のHPからは、既にエリカ様の名前は消えています。
一体何が??
芸能活動以外でも、お騒がせなエリカ様でした。

●森雪役は、黒木メイサに

エリカ姫は、実写版「宇宙戦艦ヤマト」のヒロイン、森雪役に内定していたのですが、この解雇騒動で、これも白紙に。
代りには、黒木メイサが内定したそうです。
黒木メイサは、もともとはモデルでしたが、その後、女優としても活躍しています。
エリカ姫よりも、黒木メイサの方が森雪のイメージに近いかも・・・

●黒木メイサ、歌舞伎俳優・中村獅童と交際?

「フライデー」で、2人が食事しているところの写真を撮られました。
中村獅童と言えば、女優の竹内結子と昨年離婚、その後も女性の噂が絶えません。
事務所は否定しているようですが・・・
モテますね~、よっ、色男!

では、また来週~。

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/MailMagazine20091002