Monkeys Diary (カメラマンB編 5月第4週)


wellcome to MediaMonkeys.net

     このページでは、Panasonicの最新DVカメラ(AG-DVX100AAG-DVC30)を、
     二人の業界人がデモ機として日常で使用し、その体験をつづっていきます。

     NY在住の画家・藤田理麻さんの取材旅行に同行した
     怒涛のカメラマンBのインドロケ日記 第二弾

     カメラマンB の日記 Vol.4 -2005年5月23日- 



     某月某日

     SOS Children’s Villageを訪れた。
     ここは4-16歳まで計172人の子供たちが在籍する孤児院だ。

     子供たちは“ホーム”と呼ばれる15棟の家で共同生活をしている。
     1棟に10人程度の子供たちが、
     “ハウスマザー”(ほとんどが子持ちの未亡人)と住んでいる。
     院内には幼稚園と小学校も併設されているので、
     孤児院と言うより、たくさんの寮母さんがいる寄宿学校のような雰囲気である。

     子供たちの制服のかわいらしさに目をひかれる。
     女の子は赤いギンガムチェックのワンピース、
     男の子は赤いギンガムチェックのシャツとズボン。
     学校の先生やハウスマザーはみんな綺麗な色のサリーを着ている。
     強い日差しに映えて、どれもすばらしく美しい。

     理麻はここで、小学校1年生のクラス(30人)で課外授業を試みた。
     まず日本から持っていった折り紙を子供たちに手渡すと、
     みんな大喜びで自分の好きな色を選んだ。
     理麻がツルを折って子供たちに見せ、折り方を教える。

     ファインダー越しに見ていた私は、最初
     「おっ、かわいい印日文化交流じゃん」などと微笑ましく見ていたのだが、
     6歳の子供たちにとってツルはかなり難しかった。
     どんどん、教室に“行きづまった感”が漂ってきた。
     クシャクシャになってしまった色紙を、ただ何となくいじっているだけの子もいる。

     うーむ・・・子供は“食いつく”のも早いが、“飽きる”のも早い。

     この空気を読み取った理麻先生は、次なる企画を開始する。
     『好きな絵を描いてごらん』と大きな白い画用紙を机に何枚も拡げたのだ。

     さっそく子供たちはマジックペンを
     握りしめ、画用紙に顔を近づけて熱心に
     絵を描きはじめた。

     私は彼らの間にヨッコラショと割り込み、
     子供たちの顔と、画用紙のわずかなすき間
     (約15cm)にカメラを入れた。

     子供たちより軽く2倍は大きい私も、腹這いの姿勢で
     彼らと頭を付き合わせながら撮影する。
     なのに、子供たちは皆、絵を描くことに夢中で、カメラのことなど眼中にない。
     すごくイイ感じ。
     (それにしても、子供の真剣な表情って本当にかわいい!)

     子供たちが描いたのは、家、人物、木、花、
     動物など身近なものばかり。

     家は、日本の子供が描くような、
     三角屋根の四角い建物。
     理麻に言わせると、
     これは洋の東西を問わず、
     多くの国の子供が家を
     この図柄で描くらしい。
     そうかぁ、おもしろいなぁ。

     やがて、子供たちが、続々とカメラの周りに集まってきた。
     絵を描き終わったので、興味の対象がこちらにシフトしたのだ。
     ちょっと嫌な予感・・・

     私は完全に包囲されてしまった。
     子供たちは我も我もと揉みくちゃになりながら、
     ファインダーを覗き込んだり、レンズに顔をひっつけたり・・・。
     ついにはサイドモニターを勝手に引っ張り出して、キャッキャと喜んでいる。
     すでにレンズはベタベタ。

     たまらず私は、カメラをヒョイっと持ち上げて緊急避難。
     子供たちは『あ~あ』と残念そう。

     ちょっと罪悪感アリ。

     『ごめん。だけど、今はゆっくりカメラを見せてあげられないん・・・』と
     言おうとした時には、子供たちは次なる“面白いモノ”へと
     すでに走り去った後だった。早っ。

     まったく子供の無邪気さには参ります・・・


   ■■■筆者プロフィール■■■
   兵庫県生まれ。
   フリーランスの撮影技師として
   ドキュメンタリーTV番組、
   CM、PV、映画等の撮影に携わる。

   ■■■主な撮影作品■■■
   『情熱大陸』(毎日放送)『世界の車窓から』(テレ朝)
   『ハイビジョンスペシャル』(NHK)
   『遠くへ行きたい』(よみうりテレビ) 



 

     
     「私も、デモ機を使って記事を書いてみたい」という方は、
     主な用途及び使用者のプロフィールを編集部までご連絡下さい。

     過去の日記はこちらで読めます

     This page is Sponsored by  du

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/diary20050523b