Monkeys Diary (コーディネーターA編 3月第3週)


wellcome to MediaMonkeys.net

     このページでは、Panasonicの最新DVカメラ(AG-DVX100AAG-DVC30)を、
     業界人がデモ機として日常で使用し、その体験をつづっていきます。

     アルゼンチンからの日記 第11弾です。
     今回はコーディネーターの苦労話です。

     コーディネーターA の日記 Vol.11 -2006年3月20日- 



     番組によって、コーディネーターに期待される役割は様々。

     「現地の事情がそうなら仕方ないでしょう」と、
     ちゃんとこちらの状況を理解してくれて、
     スタッフの一人として意見を言えたりすることもあれば、
     言葉のわかるパシリ的な扱いを受けることもある。
     うーん、残念だけど、これ本当です。

     色々苦労はあるのですが、
     一番困ることは?と聞かれれば、
     無理無理、取材交渉をした挙句、
     「結局やらないことにしました」とあっさり言われることだと答えます。
     「予算がないもので・・・」と言う割りに、長時間の撮影を希望されたりね。

     もっとも、こちらもコーディネーターを家業としている以上、
     こんなこと位ではへこたれません!
     もしも、この撮影がキャンセルになったら?
     もしも、ディレクターの希望の画が撮れなかったら?
     もしも・・・ 
     沢山の"もしも"に備えるのも、プロのコーディネーターのお仕事なのです。
     実は、デモ機(AG-DVC30)の出番も、
     こんな”もしも”に応えるためのことが一番多い。
     限られた予算の中で、はるばる地球の裏側まで来てもらって、
     "もしも"ロケ中に予定の画が撮りきれなければ・・・
     この小さなカメラが、何度、そんな危機を救ってくれことか。

     そう言えば、以前、こんなことがありました。
     ディレクターが、アルゼンチンのお寿司屋さんで、
     板前さんとガイジン客とのやりとりの画を撮りたいと言いました。
     「もしも、その寿司屋に客が全然いなかったら・・・?」

     その"もしも”を解消するために、
     ロケハンをかねてお寿司屋さんに行き
     常連らしきお客さんに
     「来週のX曜日にここでロケをやってるから見に来てね!」とにっこり。
     撮影時間には、常連さんとその仲間たちがカウンターに。
     ホッ。
     ディレクターも技術さんたちも、私の努力など全く知らず、
     「良かった!いい画が撮れたよ」と喜んでくれました。

     やっぱり、現地の事情を一番知っているのがコーディネーターなのだから、
     ディレクターの希望に、かなりのウルトラC技を出すこともしばしば。
     あ、これは企業秘密かな。

     でも、撮影が上手くいかなければ、
     ディレクターもさることながら、私たちコーディネーターも辛い。
     だって、せっかく日本から来てもらったのに・・・
     だから、そのロケのためになることならば、色々な手段を使うのです。
     それで、最終的にいいロケが出来た時は、本当に爽快ですからね。

     コーディネーターは、そのまま日本語的に訳すと、
     "調整役"かもしれませんが、私は"仕掛け人"だと思っています。

     この間のお仕事は、
     なんとアルゼンチンに3回も来てくれたディレクターさんとでした。
     そのディレクターさんが、
     「もう番組内容わかっていると思うから、
     あなたの判断でいいと思うことなら、こっちも問題ありません」と言ってくれました。
 
     信頼してもらえることが、やっぱり一番嬉しい!?
     これからも、"仕掛け人"頑張ります。


     ■■■筆者プロフィール■■■

     BUSINESS ARGENTINA
     JAPON主宰。
     コーディネーターとして
     日本からの撮影クルーの受け入れ、
     現地製作、リサーチ、
     国際会議から一般通訳、
     各種翻訳(スペイン語)
     アルゼンチン(南米)-日本関係、
     スペイン語―日本語関係を生業とし、
     また、自分の使命だと考えている。

     --主な仕事--
     『人間ドキュメント「そこに歌があった」
     (のど自慢インアルゼンチン参加者のドキュメンタリー) 』(NHK)
     『WORLD BAZAAR21』 アルゼンチン編、パラグアイ編(BS FUJI)
     愛地球博 アルゼンチン館用DVD&CDROM 日本語訳監修
     『世界ふしぎ発見 パタゴニア編』(TBS)

     なお、地球の反対側とPCで話せます。
     Skype Nameは、tomokoar です。



 

     
     「私も、デモ機を使って記事を書いてみたい」という方は、
     主な用途及び使用者のプロフィールを編集部までご連絡下さい。

     過去の日記はこちらで読めます

     This page is Sponsored by  du

コメント (0件)


MediaMonkeys.net
https://mediamonkeys.net/article.php/diary20060320a